蜂マヤの着色ページ


マヤ蜂はミツバチになり、その後に友人のウィリーとフリップグラスホッパーの生活が続きます。これは当時ミツバチでした。
マヤのアニメーションアドベンチャーは、おそらく最も有名な化身です。 当初、1975年から1979年の間に日本では合計104の章が作成され、52の章は2つの章で構成されていました。 シリーズ自体は世界中で40以上の言語で公開されており、ビデオゲームのシリーズも制作しています。

親は、が話すミツバチと昆虫の仲間に関するアニメーションプログラムであることを知っておく必要があります。 子供や未就学児を対象としており、「忠実な友達になる」や「自分に忠実になる」などの道徳的なレッスンを含むソフトシナリオが含まれています。 対立は簡単で、ショーは観客にとって遅くて簡単です。 公衆はまた、一般的に自然、特にミツバチが好きで、彼らが住んでいる場所や蜂蜜の作り方を好みます。

14 蜂マヤの着色ページ